出会い系サイトは、ネット上で自分に合った理想のパートナーを見つけることができる大変便利なサービスです。

ネットの環境さえ整っていればパソコンやスマホを使っていつでもどこでも出会いが探せるので、自宅にいるときはもちろん外出先や移動中のちょっとした時間でも出会いのチャンスを掴むことができるのです。

しかし、そんな便利なサービスも利用するサイトを間違えてしまうと思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは、悪質な出会い系サイトによる架空請求と不当請求につて書いていきたいと思います。

出会い系を装った詐欺サイトの実態

出会い系サイトを装った詐欺というと「サクラ」を思い浮かべる方も多いと思いますが、悪質な詐欺サイトは他にもあります。

それは、架空請求や不当請求を行うサイトです。

架空請求や不当請求を行うサイトもサクラサイトと同様に、出会いが見つかるどころか大切な金を騙し取られるハメになってしまいますので、サイト選びはより慎重に行う必要があります。

…とはいえ、サクラサイトや詐欺サイトも一見しただけでは普通のサイトと何ら変わりはないので、知らないで利用してしまうケースも少なくありません。

現に、今でも出会い系を装った悪質な詐欺サイトに登録してしまい、架空請求や不当請求の被害に遭っている人も少なくないのです。

ですから、出会い系サイトを利用する際は、もし万が一、自分が架空請求や不当請求を受けたらどうするか?という対応策を身につけておくことも大切になります。

それでは、悪質な出会い系サイトによる架空請求と不当請求のそれぞれの手口と対応策を見ていきましょう。

架空請求の手口と対応策

悪質な出会い系サイトによる架空請求は、実際には機能やサービスを利用していないにもかかわらず、あたかも利用したかのように見せかけて料金を請求してくる詐欺になります。

仮に、無料の出会い系サイトを利用していたとしても、サイト内に有料のサービスが含まれていたり、有料の出会い系サイトと提携している場合には、有料のコンテンツを利用したという名目で請求を受ける場合があります。

架空請求の対応策

もし、利用しているサイトから架空請求を受けてしまったら、何もせず無視をして即退会手続きを取りましょう。

仮に、有料のコンテンツが含まれていたとしても、自分に有料の機能やサービスを利用した覚えがないのであれば、決して支払いに応じてはいけません。

もし、架空請求が執拗に繰り返されたり請求の内容が高圧的になってきた場合は、各自治体の消費生活センターか場合によっては警察へ相談するようにしましょう。

不当請求の手口と対応策

不当請求は、有料の機能やサービスを実際に利用した事実はあるものの、実際に利用した分の料金をはるかに上回る料金を請求してくる詐欺になります。

架空請求とは違って、不当請求の場合は実際に有料の機能やサービスを利用した事実があるため、実際にどれだけの分が不当に請求されているのかを知るためにも、自分がどれだけ機能やサービスを利用したかを記録しておく必要があります。

不当請求の対応策

不当請求の対応策も基本的には架空請求と同じく無視をして支払いには応じないことです。

ただし、不当請求の場合は実際に有料の機能やサービスを利用した分に関しては支払う義務があるので、お問い合わせなどを使って差額についての確認が必要になります。

それでも、実際の料金とは異なる法外な料金を請求してくる場合は、やはり消費生活センター等へ相談するようにしましょう。

架空請求や不当請求の被害に遭わないようにするには

出会い系サイトを利用するに当たっては、万一に備えて架空請求や不当請求を受けた場合の対応策を身につけておくことも大切ですが、何よりも架空請求や不当請求のない優良なサイトを利用する事が求められます。

特に、ポイント制や定額制といった有料の出会い系サイトを利用する場合は、サイトの説明や利用規約はもちろん料金表や課金の方法さらには退会方法などについても事前に確認して、信頼できるサイトを利用することが大切です。

当サイトでもポイント制出会い系サイト定額制出会い系サイトを紹介していますが、当サイトで紹介しているサイトはいずれもサクラや不正請求のない健全なサイトばかりですので、安心してご利用いただけます。

さいごに

悪質な出会い系サイトから架空請求や不当請求を受けてしまったら、まずは焦らずに落ち着いて対応することが大切です。

架空請求や不当請求を受けると、「出会い系サイトを利用していることがバレるのではないか…」とか、「これぐらいの金額なら支払って何もなかったことにしよう…」といった思いで支払いに応じてしまう人もいるようですが、一度支払いに応じてしまうとカモにされて第二・第三の請求がないとも限りません。

また、架空請求や不当請求を受けたことに腹を立てて苦情を言いたいという人もいるかと思いますが、決して相手先に電話で問い合わせをしてはいけません。

相手はお金を騙し取ろうとしている詐欺集団です。

そういった輩にこちらから電話をしてしまうと、みすみす相手に電話番号を教えることになり、今度は電話を使った請求へとエスカレートするかもしれません。

もし、架空請求や不当請求が執拗に繰り返される場合には、早めに消費生活センター等へ相談するようにしましょう。

架空請求や不当請求にいつまでも振り回されていると、精神的にもダメージを受けることになりますので、早め早めに対応することが自分のためにもなります。